WEBサイト制作会社の選び方

本日もブログをお読み頂きましてありがとうございます。

岡山の経営コンサルタントの赤松範胤です。

先日、web制作会社に何十万も払って会社のサイトを作ってもらったのですが、半年以上経っても全く反応がないので何とかして欲しい…。というご相談を頂きました。
そこで作られたサイトを拝見させて頂き、こんな悩みをもっている人が他にもいると思うので、お伝えさせて頂きます。
あなたは、チラシやweb等の販促ツールを業者に依頼する時に、何に重きを置いているでしょうか。
「価格」「納期」「実績」「デザイン」等、様々な要因があると思います。
その中でも「実績」を重要視する人は多いと思います。確かに制作会社のサイトには制作実績や成功事例として大手企業の名前を掲載している場合が多いです。
もちろん制作実績や成功事例は、参考にするべき要因ではありますが、あなたにとって良い成果をもたらすかどうかは、あなたの会社が、その成果を上げた会社と同程度の規模の会社でなければ、判断できません。
業者を決めるにあたっての一番の決め手は、「あなたの望む成果が得られるか否か?」ですので、私なら制作会社の「制作方針と知識と技術」を確認します。

例えばサイトの制作実績を見せて頂いたら、
・このサイトの制作方針はどんなものか?
・なぜ、このレイアウトになっているのか?
・なぜ、この部分はこの色にしているのか?
・なぜ、ここの文字はこのサイズなのか?
・なぜ、ここの文字はこのフォントにしたのか?
等、サイト制作にどんなノウハウが詰め込められているのか質問します。

このような質問にも「知識や意図」があれば、きちんと回答してもらえるでしょう。
即座に回答ができない場合や明確な意図が感じられない場合、その会社は選んではいけない制作会社になります。

理由は、学びを怠っていて、心理学やマーケティングの知識や情報が少ないがゆえに、「雰囲気」とか「感覚的」でサイト制作をしている可能性が高いからです。
同様にデザインはもちろん、マーケティングや心理学などをきちんと学んでいないけど、パソコンが使える友人や知人に安いからという理由で作ってもらう人もいますが、それは以ての外です。
それは「ビル」を建てる時に、絵の描ける素人に設計と建築を依頼するのと同じことなのです。

この事から私の考える業者選びのポイントは、
あなたが得たい「成果」をちゃんと理解した上で、制作するという考えを持っていて、それを実現するための知識と技術を兼ね備えた制作会社。という事になります。
正しい業者を選ぶ事は、一時的にコストがかかりますが、結果的に経費の節約と収益の好転によるキャッシュフローの改善になるだけでなく、時間の短縮と労力の削減にも繋がります。
ぜひ、正しい選択をして成功に近づいてください。
あっ、冒頭の相談者のサイトは私のアドバイスにより改善して売り上げも上がるようになりました。

カテゴリー: ブログ, 営業スキル, 起業マインド   パーマリンク